放射線科の主な使用装置

一般撮影装置

KONICA MINOLTA AeroDR PREMIUM

  1. 一般撮影装置にKONICA MINOLTA 社製のDR装置を導入しました。
  2. 被写体を透過したX線を平面検出器で受け取り、直接デジタル信号に変換し画像を得る装置です。

装置導入の利点

  • 従来使用していたCR装置と比較して高精細になり、また約30~40%の被ばく低減が可能となりました。
  • X線を照射してから画像確認までの時間が約20秒から約5秒程度になり、検査時間の短縮ができます。
  • 手術室、病室撮影では、撮影装置に設置したパソコンに画像が表示されるので、その場で画像の確認ができます。画像処理を行うことにより、体内に挿入した管などの確認が以前より容易に行なえます。

MRI装置

GEヘルスケア SIGNA Explorer Newgrade(マグネット:超伝導方式 1.5テスラ)

AeroDR PREMIUM
拡大表示はこちら
AeroDR PREMIUM
  1. 放射線を使いません。(被ばくがありません。)
  2. 強い磁石と電波(ラジオ波)の力を使って検査をします。
  3. 任意の画像が得られます。
  4. 大きな音が聞こえますが、痛みは全くありません。
  5. 検査時間が長くかかります(20~40分程度、準備を含めず)。

MRI症例画像はこちら

MRI検査を受ける方は以下の確認をお願いします。

MRI検査を受けることができない方
  1. 心臓ペースメーカーを使用している方
  2. 人工内耳を埋め込まれている方
  3. 可動型義眼を装着されている方
MRI検査を受けることができない場合がある方(検査前に確認をさせていただきます。)
  1. 脳動脈瘤の手術を受け金属クリップを入れている方
  2. 手術を受け、金属を体内に入れている方
  3. 目に金属粉等が入っている可能性のある方
  4. 妊娠しているまたはその可能性のある方
  5. 閉所恐怖症の方
MRI検査室に持ち込めないもの
  1. 金属物
    時計、メガネ、ヘアピン、ピアス、鍵、ライター、アクセサリー類など
  2. キャッシュカード、テレホンカード、診察券など
  3. 取り外しのできる義歯、補聴器、カイロ、時計
  4. 金属のついた下着(ホック、金属ボタン、ワイヤー)など
その他
  1. 妊娠されている、もしくはその可能性がある場合は、医師または技師にご相談ください。
  2. 化粧品の一部、いれずみ・アイシャドー等は金属を含んでいる場合があり、検査中に熱を持つ可能性がありますので、事前にご相談ください。

MR装置での検査時間(撮影室に入室してからの時間)

検査部位検査時間(造影剤なし)追加時間(造影剤あり)
頭・脳血管・内耳道15~25分+20分
脊髄(頸椎・胸椎・腰椎)
1部位につき
15~20分+20分
腹部(息止めできる方)30~40分+10分
骨盤腔20分+20分
四肢・関節20~30分+20分

CT装置

GEヘルスケア Optima CT660 Pro (64列MDCT)

CT装置

CTとは、コンピューター断層撮影(Computed Tomography)の略で、身体にエックス線を照射し、通過したエックス線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理することにより体の内部を断面として画像化する検査です。

64列MDCTの特徴

  1. 高速かつ広範囲撮影が可能.(撮影時間,胸部,約3~4秒,胸腹部,7~8秒)
  2. 画質の向上,被曝線量の低減.(約40%減)
  3. 検査領域の拡大.(心臓,冠動脈CT,大腸コロノグラフィー)
  4. 1回の撮影で任意のスライス厚の再構成が可能.(最大10mm,最小0.625mm)
  5. 良質な3D画像が容易に作成可能

CT症例画像はこちら

超音波診断装置

東芝メディカルシステムズ SSA-780A型

超音波
超音波検査とは・・・
人の耳では聞こえない高い周波数の音(超音波)を利用して、体内の様子を描出し形態や機能を調べる検査です。(普通、人間が聴取可能な音の範囲は20~20,000Hzくらいです。)

主な検査部位

  • 腹部・・・
    肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣など
    体表・・・
    乳腺、甲状腺など
    血管・・・
    頸動脈、四肢動脈;静脈、腹部大動脈など
  • 心臓当院では検査科(生理検査室)で行っています。

検査時間

  • 検査部位や受診される方の状態によっても異なりますが、通常10分~30分程度です。

検査時にすること

  • 超音波が伝わりやすくなるように、検査部位にゼリーをつけて超音波を受発信するプローブという小さな機械を皮膚の上から見たい部分にあてて検査します。検者の指示により息を止めていただきます。(呼吸による臓器の動きを止めて観察します。)

検査の長所

  • 特別な準備を必要とせず検査が受けられます。
  • 検査による痛みや生体への影響がほとんどありません。
  • 1回の検査で多くの臓器を観察できます。
  • リアルタイムでの画像観察が可能です。

検査の欠点

  • 空気の多い臓器(肺など)骨の検査、また空気や骨の裏に隠れた臓器の検査は困難です。
  • 超音波の減衰の影響で、肥満者の検査は困難な場合もあります。

マンモグラフィ装置

島津メディカル Sepio/フジ FCR PROFECT CS/フジ デジタルマンモグラフィCAD

マンモグラフィは、乳房専用のレントゲン検査です。

  • 透明の圧迫板で乳房をはさみ、薄く伸ばして撮影します。乳房のなるべく多くの部分を撮影するため、また少ない放射線量でがんと正常部分の区別がつきやすい画像を作るためです。
  • 当院では、女性技師が撮影を担当しております。
  • 2012年よりマンモグラフィビュアー、CAD(コンピューター読影支援システム)を導入しました。

マンモグラフィCADのご紹介はこちら

健診部門 主な使用機器

健診センター

  • 健診センターでは、デジタル画像によるX線画像診断システムを導入しています。
  • デジタル画像は、様々な画像処理が可能で病変の発見に有益です。また、読影は画像診断の専門医である放射線科医が行っています。
  • 胸部X線撮影装置は、 平面検出器(FPD)を採用。新しい画像処理技術を取り入れたことにより、さらなる高画質化と被曝線量の低減が可能になりました。
  • 画像観察装置には、高精細モニターを導入しました。

院外検診(胃部DR検診車)

日立メディコ DR1000X

  • 県内初のデジタル胃部検診車を稼動しています。
  • 施設内デジタル消化管撮影装置とほぼ同等の画像を得ることができます。
  • 自家発電装置を搭載し、モニターでの診断ができる装置なので、ライフラインの途絶えるような災害時などには移動X線撮影車として対応できます。
  • 巡回バス
  • 巡回健診のイメージ
  • 巡回健診のイメージ
  • 巡回健診のイメージ

院外検診(乳房CR検診車・骨密度測定車)

日立メディコ LORAD M-IV/富士フイルムメディカル FCR PROFECT CS

  • 近年、増加傾向にある乳癌の早期発見のため、優れた画質の画像を得られるように日本乳がん検診精度管理中央機構の基準を満たす装置を用いて施設画像認定を受けています。
  • 撮影時、乳腺を広く描出するため乳房を圧迫しますので、多少痛みを伴いますが、苦痛な時間を短縮するため、圧迫板は撮影後自動的に解除されるように設定してあります。
  • 精神的苦痛を緩和するために撮影室の壁紙は花柄、じゅうたん・天井も暖色で統一し暖かみのある雰囲気を演出しています。
  • 検査は女性技師が担当します。
  • 乳房検診車
  • 乳房検査機械
  • 乳房検査画像例

超音波骨密度測定装置

HITACHI AOS-100SA

  • 超音波で骨密度を測定し骨粗鬆症のリスクを予測する装置です。
  • 超音波による骨評価は、踵骨に超音波を当てて、その通過する様子から骨の強さを調べます。
  • 測定時間は約2秒です。
  • 痛みはありません。
  • X線を用いないためどんな場所でも検査を行うことが可能です。

院外検診(胸部CR検診車)

日立メディコ DHM-152TH/富士フイルムメディカル CALNEO-C(車載用)

当施設では、FPD(フラットパネルディテクター)装置を搭載した胸部デジタル検診車を導入・稼動しています。

胸部デジタル検診車(FPD装置搭載車)のメリット
  • CR装置に比べ撮影時の被曝線量を減少させることが可能です。
  • 病院などの施設内で撮影された画像と同等の画像による診断ができます。
  • デジタルでの画像保管であるため、過去画像の検索が容易で比較しながらの診断が可能です。
  • モニタ上で、画質の調整を行いながら診断ができます。
  • 撮影後瞬時に撮影画像が確認できます。
  • デジタル検診車
  • 受診者出入口

胸部差分システムご紹介

病院概要Summary

所在地
〒302-0032
茨城県取手市野々井1926
電話番号
0297-78-6111(代表)
交通アクセス
詳しくはこちら
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 電話する
  2. お問合せはこちら