0297-78-6111(代)

〒302-0032 茨城県取手市野々井1926

先輩看護師の声

先輩看護師の声をご紹介

当院で働いている看護師にインタビューしたのでご紹介いたします

Voice.01 パパナース

パパナース

父親も看護休暇を利用できるので、休みを調整して子供の学校行事に参加できています。
夫婦共働きで、3人の子育てをしています。小さいころは、急な発熱なども多かったので、 看護休暇があると安心して休むことが出来ました。また、父親も看護休暇を利用することで、母親だけが仕事を休むという環境ではなく、互いに協力し子育てできると思います。今どきの“イクメン”です。

Voice.02 中途入職者

中途入職者

初めての転職で、慣れない環境のため働いていけるか不安もありましたが、あっという間に3年が過ぎました。入職当初はプリセプターに詳しく指導していただき、自分のペースで遅番業務や夜勤業務に入ることが出来ました。現在、3Good部会に所属し、看護職員が働きやすく楽しめる環境を提供するために、旅行の計画やランチョンミーティングで様々な意見交換を行い、他部署との交流の場を設けています。この中で出た意見は、職場環境の改善などに活かされるので、とても働きやすい職場であると思います。

Voice.03 臨床指導者

臨床指導者

平成25年度から、看護学生の受け入れが始まりました。学生の受け入れに対し、看護部での協力体制もできており、指導者として安心して教育することが出来ています。当院で実習した学生が、ぜひ入職したいと希望して頂けることは、指導者としても嬉しく思います。 学生と共に自分自身も成長できるので、とてもやりがいがあります。

Voice.04 新人看護師

新人看護師

入職してからプリセプターだけではなく、他の先輩も熱心に指導してくださり、病棟全体で新人を育てる体制が整えられています。月に1回新人研修があり、看護師として必要な知識や技術を習得することができます。個人の成長に合わせたサポートをしてくれるため、新人にとってはとても良い環境が整っていると感じます。

Voice.05 ママナース

ママナース

医師会病院に勤め、現在4人の子供を育てています。妊娠から出産、育児休暇・看護休暇など、福利厚生を使いながら、やっと一番下の子が小学生になりました。子育ては、本当に何が起こるかわからない(笑)こちらの思い通りにならないこともしばしば・・・。その都度上司と相談しながら、私自身のWLBも保ち、楽しく仕事と家庭の両立が出来ていると思います。ママさんナースも多いので、働きやすさは確かですよ~!!

募集要項
エントリーフォーム

公益社団法人取手市医師会
取手北相馬保健医療センター医師会病院
筑波大学附属病院
取手地域臨床教育ステーション

住所
茨城県取手市野々井1926
最寄駅
JR常磐線取手駅、関東鉄道常総線稲戸井駅、関東鉄道常総線戸頭駅
電話番号
0297-78-6111(代)