低侵襲手術とは?

  •  低侵襲手術とは、内視鏡下手術のことをいい、腹壁に小さな数個の穴を開け、腹腔に挿入した細径内視鏡の映像をモニターテレビで観察しながら、長くて細い特殊な器具(鉗子や電気メスなど)を用いて行う手術です。従来の開腹手術と異なり、体壁を大きく切り開かずにすみ、体腔内の臓器を手術室の冷たい乾燥した空気に長時間晒さないなどの大きな利点があります。
    このため、術後の疼痛がほとんどなく、術後の快復や社会復帰が極めて早く、美容的観点からも著しく優れているなど、多くの特長を有しています。
  •  

 

      外科 内視鏡下手術

 

      整形外科 内視鏡下手術


このページトップへ